最新の記事一覧 | 東京駅・茅場町・八丁堀の賃貸事務所・SOHOのことならオフィスランディック株式会社

新着コラム一覧
  • コラム

    <2022.7.1寄稿>                          
    中国東北地方の長春に残るただ一つのフランス建築は、「偽満(ぎまん=偽りの満州国)首都新京」外務省庁舎である。パリバ銀行(本拠ブリュッセル)傘下の建設会社ブロサール・モパンが、日仏合弁で設計・施工。建国はビジネスチャンスと、フランスから3勢力が斡旋人を通じ、全国交通網・都市整備計画を売り込むが、関東軍の小磯国昭参謀長は外債案を一蹴、これのみとなった(越澤明「満州国の首都計画」ちくま学芸文庫)。

  • コラム

    <2022.7.1記>
    「家」の好みを問うならば、大まかには「マンション志向」と「戸建志向」の二派に分かれるものだ。(選択肢としては中間色の「連棟式建物=コーポラティブハウス」もある。)それは、ペットの好みで言うところの犬派と猫派、食べ物(主食)に喩えるなら米食とパン食の好みを問うようなものであって、無論どちらが正しいと言うわけではない。

  • コラム

    <2022.6.21寄稿>                  
    2022年5月、フランスの作家ルイ=フェルディナン・セリーヌ(1961年没)の失われた未発表原稿群が発見され、まず、「戦争」が出版された。第2次大戦後、ナチス協力者のそしりを受け、自宅を暴徒が襲い、奪われたものだった。

  • コラム

    <2022.6.15記>
    「宝くじが当たったら買うよ!」などという言葉は不動産売買の商談見送りの際に使い古された常套句である。それ程までに高額当選の確率は低く、ご存じの通り「買わない」の婉曲表現である。嫌みになってしまうが「多空くじ」と称すべきとさえ思っている。

  • コラム

    <2022.6.7寄稿>
    私はGOOと申します。XXXX年X月X日生まれ、中国上海市の出身です。XXXX年10月に、留学するため日本に参りました。私は来日してから既に9年近く経っております。

  • コラム

    <2022.6.1記>
    不動産価格に関して売買と賃貸の変動(騰落)率は大きく異なる。その点、熟練の不動産投資家の皆様におかれては既にお気付きのことと思う。

  • コラム

    <2022.5.27寄稿>
    ドイツ北部ニーダーザクセン州の州都ハノーバー市は、ハノーバー庭園や見本市で有名だが、第2次大戦中にひどい空襲被害を受けた。広島市と姉妹都市提携を結んでいる。

  • コラム

    <2022.5.24寄稿>
    コートダジュール(紺碧海岸)ニース市の中心部から北西に徒歩25分、それまでの南国イメージが一変し、純ロシア風葱坊主の彩色も美しい聖ニコラス大聖堂が姿を現す。

  • コラム

    ​​​​​<2022.5.18寄稿>
    オフィスランディック齋藤社長とのお付き合いは、東日本大震災の後で11年になります。社長のコラムで書いてらっしゃる事を色々教えて頂いたのですが、不出来で失敗ばかりしています。このたび、何か書いてみないかとのお誘いに乗ってみました。

PAGETOP